« コーヒーと喫茶店の情報 | トップページ | ニューヨーク市場のアラビカ種5月きり »

2019年3月23日 (土)

インドネシア・国営農園のコーヒー豆

東南アジア圏・インドネシアの農業は小さな農民農業です。約 1, 300万にも上る農家と大規模企業のエ
ステ ー ト農業(約1, 170)とが併存しています。

エステートには国営と民営があります。

国営農園は旧オランダ系と、日系の約350のエステートから成り立っています。

農家では、米、 トウモロコシ、カッサペ大豆などの食糧になる作物を主要作物としています。

またゴム、茶、コショーなどのお金に成る価値の有る作物の栽培に取り組んでいます。

またエステートでは油ヤシ、ゴム、砂糖キビ、茶、タバコ、コーヒー、コショウ、ラミ ーなど特産物として栽培し、輸出をしています。

また、これらを原材料に生産もしています。

国営農園(約 300万 ha)の大部分はスマトラとジャワにあります。

農業省農園局および、国営農園特別事業本部 とその6か所の地方代表部によって管理されています。

米国が国際コーヒー協定を脱退

 

« コーヒーと喫茶店の情報 | トップページ | ニューヨーク市場のアラビカ種5月きり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コーヒーと喫茶店の情報 | トップページ | ニューヨーク市場のアラビカ種5月きり »